大規模システム の インターオペラビリティに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

インターオペラビリティ

読み方、または別称:いんたーおぺらびりてぃ

インターオペラビリティとは、相互運用性のことを指し、さまざまなシステムや組織と連携することができる。しばしば技術システム工学の意味として用いられるが、その代わりとしてシステム間の性能に影響を与える社会的や政治的などの要因を考慮している意味でも用いられている。
インターオペラビリティの定義は、「2つまたはそれ以上のシステムおよびコンポーネントを情報交換することができ、交換した情報を使用することができる能力である」と定義している。電気通信では、1.システム、部隊もしくは軍が、他のシステムや部隊などにサービス提供し、そのサービスを受け取るまたは交換したサービスで互いの作戦をより効果的にした能力、2.情報やサービスを電子通信システムや電子通信機器の品目、その利用者間で直接または満足に交換できた場合、その間に達成される条件、の2つを定義している。
ソフトウェアにおいての意味は、異なるプログラムが交換形式の共通部分を介し、データ交換をしたり、同ファイル形式を読み書きしたり、同プロトコルを使ったりする能力を記述するために用いられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る