開発環境 の インタプリタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

インタプリタ

読み方、または別称:いんたぷりた

インタプリタ(interpreter)とは、プログラミング言語ソースコードの意味を最初から逐一理解しながら処理を実行するソフトウェアで、プログラムの実行にインタプリタを使うプログラミング言語をインタプリタ言語と呼ぶ。
なお、その性質がソースコードを一括して翻訳するコンパイラと似ているのでコンパイラと対比されるが、インタプリタとコンパイラは似ていて非なるものである。
インタプリタは逐次翻訳タイプなので、一括翻訳方式のコンパイラよりも処理速度が遅い。しかし、実装コストはコンパイラ方式よりも少なくて済む。
インタプリタ方式の速度が遅くなる原因は一つずつの命令ごとに解釈をする文を実行することである。したがって、インタプリタ方式で処理系を高速化するためにはコンパイラ方式に切り替えることになる。
また、実装が容易なインタプリタ方式を使う場合は、複数の命令を超える最適化はなされないで、その代わりにコンパイラを実装する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る