情報科学 の イテレータに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

イテレータ

読み方、または別称:いてれーた

イテレータとは、反復を意味する言葉である。プログラミング言語において繰り返し入力する場合に抽象化を行い入力する量を減らす。イテレータは反復子や繰返子の訳をつけられることもある。イテレータは大きく分けて2種類に分けることができる。
1つ目として内部イテレータがある。内部イテレータとは、要素を格納しているファイルなどが自分自身に反復を繰り返しユーザコードを呼び出す方法である。フィル内で繰り返すため内部イテレータの名前がついた。Foreach文などで使われることが多い。プログラム等の記述が整理され読みやすくなることなどが利点として挙げられる。
2つ目として外部イテレータがある。外部イテレータは外部に定義されたファイル等の規格をなぞり要素を変更する方式である。外部に記述があるため外部イテレータの名前がついた。複数のコンテナで繰り返すことができ、難しい文法が作業にいらないことなどが利点としてあげられる。
イテレータはさまざまな言語で使われている。C言語のみならず、DelphiやJava、Python、Rubyなど広く使われている。Rubyでは。内部イテレータとしてブロック付きのメソッドを利用している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る