パソコン用語辞典 の アーキテクチャに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アーキテクチャ

読み方、または別称:あーきてくちゃ

アーキテクチャ(architecture)とは、ハードウェア、OS、ネットワーク、アプリケーションソフトなどの基本設計や設計思想のことで、システムアーキテクチャ、エンタープライズアーキテクチャ、ソフトウェアアーキテクチャ、ARMアーキテクチャのように用いられる。
アーキテクチャは、建築分野における設計思想や建築様式のことを意味していたが、IT分野では、1964年、IBMが最初の汎用コンピュータであるSystem/360の設計思想を表現するために「アーキテクチャ」という語を用いた。
これにより、他のメーカーでも自社システムの設計方式を示すときにこの語を用いるようになり、そして現在では、特定のコンピュータの単なる「設計方針」や、更には実装例までも「アーキテクチャ」の語が使われている。
現在の情報システムにおいては、アーキテクチャの選択や個々のアーキテクチャ間の整合性などが重要視されており、情報システムは、ビジネスからの視点を重視するようになりつつあることから、サービスを構築するためのアーキテクチャとして、EA(Enterprise Architecture)やSOA(Service Oriented Architecture)などが提唱されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る