システム開発 の アルファ版に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アルファ版

読み方、または別称:あるふぁばん

アルファ版(アルファばん)とは、性能や使い勝手などを評価するためのテスト用ソフトウェアのことで、開発初期ではテスターや開発向けの版であった。未実装の機能があったり、動作が不安定、想定画の動作をするなど多くのバグが存在し、ひどい場合はシステムに深刻なダメージを与えることさえある。その為、アルファ版が外部に公開されることはほとんどなかった。
しかし、オープンな環境で開発されているソフトウェアでは、一般公開されている場合がある。ただしこれらは開発者やテスター向けであるため、一般人の使用は禁止されている。もしテスターとしてアルファ版を試す場合は、システムが破壊される覚悟をしておく必要がある。
ちなみにベータ版は、アルファ版での問題点を改善し、ユーザーでも使用できる版のことを指す。別名試用版とも言い、使い心地やデザイン、性能などの意見を汲み上げ、正式版の開発に活かす。また、発見し尽くせなかった不具合を報告してもらうなど、より良い正式版をリリースすることを目的としている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る