色の表現 の アルファ値に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アルファ値

読み方、または別称:あるふぁち

デジタル画像において、画素ごとに設定される色情報のほかに持つ、透過度を表す値である。
一般的なデジタル画像は、画素ごとにRGB(赤、緑、青)やCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)などの色情報の値が設定されており、

これらの値によって色が表現される。これらの色情報だけを持つ画像は不透明であり、画像を重ねて描画すると、背後の画像はまったく透過されず見えない。
色情報の値のほかに透過度を表す値を設定することで、画像を重ねて描画したとき、背後の画像も透過して見えるようになる。この透過度を表す値をアルファ値といい、画像にアルファ値を加えて半透明を表現することをアルファブレンディングと呼ぶ。
アルファ値は、画像フォーマットやソフトウェアによって扱える場合と扱えない場合がある。

アルファ値を扱える画像ソフトにおいて、RGBであれば3色のチャンネルと3色が合成されたチャンネルがあり、このチャンネルを編集することで色を表現する。アルファ値を扱う場合、これら色情報を持つチャンネルとは別に、アルファ値を持つチャンネルを追加する。このチャンネルをアルファチャンネルと呼ぶ。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る