基盤技術 の アモルファスシリコンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アモルファスシリコン

読み方、または別称:あもるふぁすしりこん

アモルファスシリコン(amorphous silicon)とは、ケイ素を主体とするアモルファス(非晶質、非結晶)状態の半導体である。
アモルファスシリコンの原子配列は、規則正しい原子配列をもつ結晶シリコンとは異なり、不規則なため、結晶シリコンに比べると光と格子の相互作用が大きく、より光を多く吸収することができる。そのため、次世代太陽電池の素材として期待されている。
アモルファスシリコンはシリコン原子の隙間に水素など不純物がランダムに混入するため、原子ごとの距離が不均質で、半導体として使用した場合は、比較的低速に動作するトランジスタとして機能する。
アモルファスシリコンは結晶シリコンのようにセル形成と同時に複数個のセルを直列につなぐことが可能なために様々な電圧の電池を作ることが可能で、形状も丸いものや曲げられるものなど様々な形が可能といった特徴がある反面、単結晶シリコン、多結晶シリコンより紫外線による劣化が起こりやすいなどの問題があり、アモルファスシリコンと単結晶シリコンを組み合わせたものが開発されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る