信頼性 の アベイラビリティに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アベイラビリティ

読み方、または別称:あべいらびりてぃ

アベイラビリティ(availability)とは、どのくらいシステムを正常に使い続けることができるか、つまりシステムの壊れにくさや耐久性のことである。可用性とも呼ばれる。
システムはネットワークやハードウェア、そしてディスク装置やOS、ミドルウェアやライブラリ群、アプリケーションといった複数の要素によって構成されているが、アベイラビリティはそれら個々の要素についてではなく、全体的、または総合的なもので考えられる。
アベイラビリティは障害の発生することがなく安定して使えるかどうか、そして障害が発生した場合の、その修復速度などによって計られるため、障害がよく発生するようなシステムや、障害が発生したときに復旧に時間がかかるようなシステムはアベイラビリティの低いということになる。
アベイラビリティは数値としても表現されることがあり、この場合は稼働率が使用される。稼働率は、全体の運用時間に対してシステムの動作可能時間がどのくらいかを示す割合で、特に高いアベイラビリティのことをハイアベイラビリティと呼ぶ。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る