OSI参照モデル の アプリケーション層に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アプリケーション層

読み方、または別称:あぷりけーしょんそう

アプリケーション層(application layer)とは、7階層あるOSI参照モデルのうち、第7層のことを指す。この時のOSI参照モデルとは、ネットワークにおけるプロトコルの機能を分かりやすくするために整理されたものである。アプリケーション層の機能は、ネットワークを経由して送受信を行うプログラムと、ユーザーとの入力、及び出力を行うプログラムの間にある通信にあたり、ユーザーが自身で操作するアプリケーションを提供するものである。
これには、「ユーザープロトコル」と、「サポートプロトコル」が含まれており、セッション層とアプリケーション層との間の通信方式は、HTTPのような単一のプロトコルである場合が多いとされる。なお、「ユーザープロトコル」とは、メールのSMTPや、WebのHTTPなどといった、ユーザーに直接サービスを提供するもので、「サポートプロトコル」とは、DNSやDHCPのようなバックエンドで機能を提供するものである。
また、アプリケーション層は、4階層あるTCP/IP参照モデルであれば、第4層にあたり、OSI参照モデルのアプリケーション層、プレゼンテーション層、セッション層に対応している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る