電話回線/モデム の アナログ回線に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アナログ回線

読み方、または別称:あなろぐかいせん

アナログ回線(アナログかいせん)とは、アナログ信号を伝送する電気通信回路のことで、広帯域のものと狭帯域のものがある。広帯域のものは、アナログテレビ放送やFM・AMラジオなどの中継回線があり、狭帯域では、3.4kHzまでの音声伝送用のものになる。基本的に、有線と無線通信を組み合わせて提供されている。
広帯域である中継回路では、周波数分割多重化・パルス変調による時分割多重化・アナログ-デジタル変換などがあり、多重化を行うことで通信線路や電波帯域などの伝送路を有効活用している。
ちなみに周波数分割多重化とは、複数の回線を束ね1本の回線として共用する多重化ネットワークのことで、時分割多重化は複数の異なるデジタル信号を時間的に配列し、1つの伝送路で伝送する方式である。
アナログ回線には、交換機を使って接続変更する狭帯域の公衆交換電話網と、交換機を接続せずに契約された周波数帯域の伝送を保障した専用線の2種類がある。専用線とは、特定通信回路のことである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る