動画 の アップコンバートに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アップコンバート

読み方、または別称:あっぷこんばーと

アップコンバートとは、映像をコンバートすることで、映像機器や映像メディアで映像信号を伝送して、表示部の規格に合った形式に変換することである。なお変換には、画面サイズの変換と解像度の変換がある。
映像画面サイズの規格は映画の規格に基づいて規定されている。例えば4: 3比率の画面サイズは昔の時代の映画サイズに合わせているが、一方16:9のワイド画面サイズは、ハイビジョン放送に合わせている。
これは、ハイビジョンの研究過程で、人間工学の観点からもっとも臨場感がある画面サイズが、映画のビスタサイズに近かったためである。
したがって、テレビのハイビジョン画面サイズが16:9に決定されたが、映像信号の伝送規格もそれに追随する形で16:9に規定された。因みに、解像度の映像信号は、従来型では640×480 (720×480) サイズが基準であるが、ハイビジョン解像度の映像信号は1920×1080サイズと規定されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る