開発環境 の アセンブルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アセンブル

読み方、または別称:あせんぶる

アセンブル(assemble)とは、アセンブリ言語機械語に変換することを指す。アセンブリ言語(assembly language)とは低級言語の1つで、人間にわかりやすい機械語を記述したものである。CPUが直接実行することが可能な機械語は、数字が羅列されたものである。
このような機械語は、人間にとっては非常に理解がしにくいもので、そのため機械語を直接記述しても人間には判別することができない。そこで、機械語の意味を表す略語を用いて機械語を記述することで、人間に読みやすくしたものが、すなわちアセンブリ言語である。
このようなアセンブリ言語の文法は、CPUアーキテクチャに依存している。そのため、高級言語に見られるような移植性を持っておらず、低級言語と呼ばれる。このようなアセンブリ言語機械語に変換することを、アセンブル(assemble)と呼び、それを実行するプログラムを指してアセンブラ (assembler)と呼ぶ。
なお、アセンブリ言語と同様の意味で、「アセンブラ」、「アセンブラ言語」と呼ばれることもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る