言語 の アセンブリ言語に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アセンブリ言語

読み方、または別称:あせんぶりげんご

アセンブリ言語(assembly language)とは、コンピュータの機械語を人間にわかりやすい形で記述する低級言語のことである。
すなわち、CPUが実行するのは二進法機械語で、機械語は数字の羅列なので人間には理解できない。そこで、機械語の意味をニーモニックと言う命令語でプログラムを記述して、人間にわかりやすくするのがアセンブリ言語である。
つまり、アセンブリ言語を機械語に変換するのがアセンブル (assemble) で、そのためのプログラムがアセンブラ (assembler) である。
アセンブラに対するコマンドマクロコマンド以外は、アセンブリ言語のコマンド機械語と1対1で対応し、プログラマCPUの動作を理解しながらプログラムを記述することができる。
なお、実行速度やプログラムのサイズの制限があるアプリケーションの最適化を手作業で行う場合や、CPUの動作をプログラマが制御する必要がある場合などには、はアセンブリ言語でのプログラムが行われる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る