開発環境 の アセンブラに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アセンブラ

読み方、または別称:あせんぶら

アセンブラとは、コンピュータを動かすための機械語を人間が理解しやすいように記述したもので、アセンブラ言語といわれる。具体的に言うと、コンピュータの命令1つは、2進数の数字で表されていて、人間が理解しやすいものとして表記されています。
アセンブラの命令1つが機械語の1つに対応しています。ただし、C言語に関しては、命令1つに対して、機械語が複数集まっていることから、少ない表記でたくさんの命令をすることができます。アセンブラは俗に低級言語と言われ、それに対してC言語などは高級言語と表現する。
アセンブラ言語の命令は、擬似命令やマクロ命令以外は機械語との一対一で対応する。そういったことで、高級言語であるC言語などのコンパイラの最適化が出来ずに手作業をしなくてはならないとき、CPUの動作に完全制御したいとき、メモリ容量や演算をする時の速度のリソースに制限があるときなどには、どうしても必要になってくるものである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る