キーボード の アスタリスクに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アスタリスク

読み方、または別称:あすたりすく

アスタリスク(*)は、放射線状に並んだ線からなる、星に似た記号である。線は5本や6本、8本の場合もある。語源はラテン語で「小さな星」。コンピュータではかけ算の記号として用いられる。プログラミング言語であるFORTRANをつくる際に用いられたカードパンチャーに「×」がなかったため「*」で代用されたことが始まりとされている。
また、パソコン内でファイル検索や置き換えをする際に、文字数指定のないワイルドカードとしても用いられる。例えば「abc」というファイルを探したいが名称がaまでしか分からないときに、「a*」と入力すれば「a」から始まるものが全て検索対象となるので「abc」というファイル検索の対象とすることができる。
正規表現においては、直前の文字列を0回以上繰り返すという意味を持つ。「a*」では、「a」、「aa」、「aaa」というようになる。文章中では主に脚注として用いられる。アスタリスクの数を増やすことや、数字と共に使うことで区別をする。英文の電子メールでは強調の役割を持ち、単語の両脇につけて使用する。数を増やすことでより強い強調を表す。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る