文字コード の アスキー文字に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アスキー文字

読み方、または別称:あすきーもじ

アスキー文字とは、ASCIIコードによって表される文字のことである。アスキー文字は1963年6月17日にASAによって作られた。ASCIIとは、元来、コンピュータには理解できない文字を数字に置き換えるものである。アスキー文字は半角の英数字や記号を表すものであり、全角の英数字やかな入力によって表される日本語はアスキー文字にはふくまれない。アスキー文字は7ビットに収まる範囲の文字を一般的に表す。今でも7ビットでなければ使用できない規格も存在する。
アスキー文字を使った入力で面白い例としてアスキーアートがある。アスキーアートはアスキー文字を使って人の顔などを書く芸術である。2チャンネルの書き込みなどによく現れる。有名なキャラクターとして、ギコ猫ややる蔵などがいる。日本は、アスキーアートにおいて他国よりも発展している。アルファベットだけではなくひらがなやカタカナ、漢字などたくさんの文字の種類があるからである。アスキーアートを書けるようになるまではある程度の技術が必要である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る