言語 の アクティビティ図に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アクティビティ図

読み方、または別称:あくてぃびてぃず

アクティビティ図とは、UML(オブジェクト指向のソフトウェア開発における、プログラム設計図の統一表記法)で定められたダイアグラムの1つで、上流工程のビジネスプロセスの流れや下流工程のプログラムの制御フローを表すことができる。
アクティビティ図はフローチャートに似た図であるが、フローチャートと違い並列の振る舞いやオブジェクトなども表すことが可能であり、UML 1.0のときに制定されUML2.0で大きく拡張された。
アクティビティ図ではアクティビティノード(角丸矩形など)をアクティビティエッジ(矢線)で接続し、処理(トークン)の流れを表現する。並列処理の開始を表すフォークとその同期化を図るジョイン、条件付き振る舞い(ガード条件)を示す判断やマージなどを使うことで多様な処理が表現できる。
アクティビティ図では、プログラムでの処理以外にも業務フローなどの記載も可能であり、最近はフローチャートからアクティビティ図への移行が進んでいる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る