接続 の アウトバウンドに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

アウトバウンド

読み方、または別称:あうとばうんど

アウトバウンド(outbound)とは、中から外へ流れていくことを意味する。対義語として、インバウンド(inbound)がある。多くは、旅行やホテル業界、ビジネス、通信などで用いられる。旅行やホテル業界では、外国人旅行者を自国へ誘致することを指し、日本では海外から日本に来る観光客のことを指すことが多い。
行政対策として、“経済財政運営と構造改革に関する基本の方針2002」に従って、平成14年からスタートした。ビジット・ジャパン・キャンペーンなどで有名になった。ちなみに、インバウンド業務のことは、海外からの観光客の接客やガイドを意味する。
一方ビジネス一般では、企業側が顧客から電話や来訪を受ける形態の業務を指し、コールセンターなど、業務区分に用いられることもある。通信では、コンピュータやネットワークなどに対する外向きの通信のことを指す。内部からのデータを受信する。
インバウンドは、その逆で、内向きの通信と外部からのデータ受信を行うことを意味する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る