OS用語辞典 の Dvorak配列に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Dvorak配列

読み方、または別称:どぼらっくはいれつ

Dvorak配列(ドヴォラックはいれつ)は、キーボードでのキー配列のひとつで、1932年にアメリカのワシントン大学に在籍していた教育心理学者であるオーガスト・ドヴォラック(August Dvorak)が考え出した。
Dvorak配列の特徴は、英文入力でQWERTY配列と比べて上段と下段の使用頻度が低くなるように考案されていることである。 したがって、QWERTY配列に比べて英文入力での指の移動距離を短くすることができるので、腱鞘炎などの予防に効果があるとされている。
すなわち、母音は左手に集中しており、英文の入力de母音に連接しやすく高頻度で使う子音になればなるほど、右手に集中している。
そのため右、左、右、左とリズミカルにキーを打つ確率が高まり、QWERTY配列に比べて高速で効率的な入力が可能であると言われている。因みに、キーボードをタイプする速さの世界記録はこの配列を利用した人がコンテストで樹立している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る