構造 の Diskeeperに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Diskeeper

読み方、または別称:でぃすきーぱー

Diskeeper(ディスキーパー)とは、Windows用のデフラグメンテーションソフトである。開発は、米Diskeeper Corporation。Windows 2000以降のOSに搭載されているデフラグ機能は、Diskeeperの簡易版である。その為、Diskeeperをインストールし、標準のデフラグ機能を置き換え、制限されていたシステムファイルの断片化を解消できるようにしている。
また同様に、強力なデフラグメンテーション機能を持つPerfectDiskと人気を2分するソフトウェアでもある。Diskeeper 10より、32ビット系Windows OSに加え64ビット系Windows OSにもネイティブで対応している。Diskeeper 10の次のバージョンは、Diskeeper 2007と年号方式に変わっている。
機能には、IntelliWrite(インテリライト)機能・自動デフラグ機能・I-FAAST機能・ダッシュボード機能・Frag Shield・Microsoft Operation Manager(MOM)とSystem Center Operations Manager(SCOM)に対応・HyperFast機能がある。
さまざまなエディションがあるが、もともと海外でのローカライズ作業なため、日本語版が発売されるまでには時間がかかった。その為、Windows Vistaが発売された時点で、本家では最新版の2007だったが、日本版はバージョン10だった。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る