家電/AV機器 の DVDレコーダーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DVDレコーダー

読み方、または別称:でぃーぶいでぃーれこーだー

DVDレコーダーとは、DVDの録画や再生を行う機器で、初期のモデルはDVD単体であったが、その後、HDD搭載機が主流となり、DVD単体モデルは2006年に生産終了した。
DVDレコーダーでは、DVD-RDVD-RAMなどの記録メディアを使った場合は、標準モードなら約2時間、DVD-R DLなどの2層記録メディアで倍の記録時間の動画を記録することが可能で、より高い圧縮率の低画質であれば2倍から10倍程度の長時間記録が可能である。
DVDレコーダーに内蔵されるHDDの容量はHDDの製造コストの低下などにより大容量化し、HDD搭載型が一般的となり、DVDは録画された映像の長期保存、持ち出し等に使用することが多くなった。最近では、さらに市販の外付けHDDを接続して大容量の記録ができるようになっている。
2004年ころから各メーカーがアナログダブルチューナー搭載機を発売したが、デジタル放送の開始によって2006年末ごろから各メーカーが生産を順次終了させ、代わりにデジタルチューナー搭載機、ダブルデジタルチューナー搭載機などが発売されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る