音声/音楽 の DTMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DTM

読み方、または別称:でぃーてぃーえむ

DTM(でぃてぃえむ)はdesktop musicの略で、パソコンと電子楽器をMIDIで接続して演奏する音楽を指す和製英語である。DTMという言葉が使われ始めたのは1990年代前半で、当時はパソコンを使用する音楽制作を指していた。
すなわち、ローランドのSCシリーズ等をパソコンと接続し、その音源だけにボーカル以外のすべての演奏を任せるというシステムがDTMの一般的な形であった。なお、DTMはパソコンの使用が前提なので、シーケンサー専用機やシーケンサー内蔵シンセサイザーを使用する場合はDTMとは呼ばれない。
DTMでは、パソコンのシーケンサーソフト上に表示される譜面での作業や、音源と接続されたMIDIキーボードでシーケンサーソフトに入力をする作業で、自動演奏データを作成する。なお、本格的なシステムでの音楽制作環境はデジタルオーディオワークステーション(DAW)と呼ばれているが、最近のコンピュータの高性能化やソフトウェアの進歩などDTMを取り巻く状況の変化で、DTMとDAWの違いはさほど見られない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る