マークアップ言語 の DTDに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DTD

読み方、または別称:でぃーてぃーでぃー

DTDとは、Document Type Definition(文書型定義)のことである。文書構造(文書型)を定義するために欠かせないスキーマ語のひとつで、マークアップ言語SGMLおよびXMLにおいて用いられる。また、その要素や発生順序、発生回数など、要素が持っている属性や属性の型なども記述でき、他のスキーマと同じで、文書構造を厳密に定義することに長けている。
また、SGMLやXMLの文書処理を支援するライブラリは、それらの文書がDTDによる文書構造に従っているかどうかも検証できる。もともとはSGMLスキーマ言語として開発されていたが、SGMLから派生したXMLでも採用されている。例えば、HTMLやXHTMLでは、DTDによって文書構造が定義されている。
ちなみに、HTMLSGMLの応用技術、XHTMLはXMLの応用技術になる。現在では、XML技術を利用する際、スキーマ言語としてDTDを採用することは減っている。よって、XMLが勧告された後、DTDに対していくつかの欠点や問題が指摘されている。
その為、XML技術は広範囲で普及したものの、その欠点がXMLの技術を柔軟に利用する際の障害となっていた。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る