権利保護 の DTCPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DTCP

読み方、または別称:でぃーてぃーしーぴー

DTCP(ディーティースィーピーオーバーアイピー)とは、dynamic tunnel configuration protocolの略で、現在のIPv4を利用しているインターネットを通して、IPv6インターネットに手軽に接続するための手段の1つとして使われているプロトコルである。
オーストラリアのTrumpet Software International社(現Tattam Software Enterprises社)が開発し、フリービットが提供する無償のIPv6接続サービス「Feel6」がDTCPによるトンネル接続に対応している。
トンネルを確立させるには、動的にIPv4アドレスが割り当てられるダイヤルアップやCATVなどの環境ではなく、IPv4グローバルアドレスが必要であり、この問題を解決する方法のひとつがDTCPである。
DTCPは、まずクライアント側がサーバ側に対してTCP(over IPv4)で接続要求を出す。そしてクライアント側からの接続要求により、サーバ側はクライアントIPv4アドレスに対してトンネルを動的に設定する。そのため、一般的なブロードバンド回線のように、ユーザが固定IPアドレスを持っていない状況下でもトンネルを確立することができる。
Linuxの場合DTCPクライアントソースコードが配布されており、これをコンパイルして使うことでIPv6インターネットにトンネル接続できるようになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る