権利保護 の DRMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DRM

読み方、または別称:でぃーあーるえむ

DRM はDigital Rights Managementの略で、電子機器上のコンテンツ(映画や音楽、小説など)の著作権を保護し、無制限な利用を防ぐための技術の総称である。音声・映像ファイルにかけられる複製の制限技術などがよく知られているが、広義には画像ファイルの電子透かしなどもDRMに含まれる。
デジタル化された音楽などの著作物はコピーを繰り返すことが可能で、しかも遠距離を送受信しても品質が劣化しない。そのためインターネットの普及やパソコンの高速・大容量化にともなって、著作者の許諾を得ない違法な配布・交換などが増えて問題になっている。
DRM はこの問題に対するコンテンツの流通・再生に制限を加える技術として注目されている。具体的な実装形態はいろいろあり、メモリカードなどの記憶媒体に内蔵されたり、音声や動画のプレーヤソフトやファイルの送受信・転送ソフトに組み込まれたり、それらを組み合わせたシステムなどがある。
コピーガード技術の一種とみなされることがあるが、コピーガードはメディアの物理的特性を利用してコピーを制限しているのに対して、デジタル著作権管理はデジタルデータとソフトウェアを使用し、同一のデータコピーできても再生や閲覧が不可能になるように設計されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る