データベース の DMLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DML

読み方、または別称:でぃーえむえる

DML(ディーエムエル)とは、Data Manipulation Languageの略で、データ操作言語のことである。データベースにおいてテーブル内のレコードの検索・新規登録・更新・削除を行う。対してテーブル全体の操作はDDLで行う。
代表的なDMLとしては、関係データベースで用いられているSQLがある。データ操作言語は文の最初の単語によって示される機能をもつが、文の最初の単語は、ほとんどの場合は動詞で、SQLではSELECT文(検索)、INSERT文(新規登録)、UPDATE文(更新)、DELETE文(削除)がDMLの各操作に対応している。
データ操作言語は当初はアプリケーションソフトウェアによって使われるにとどまっていたが、データベース利用者によっても使われるようになって、現在、データ操作言語の中でもSQLは最も普及しているデータ操作言語である。
SQL以外の他のデータ操作言語には、IMS/DL1のデータ操作言語や、CODASYLデータベース (IDMSなど) のデータ操作言語などがある
SQLにはANSI/ISOにより制定された標準があるが、データベースベンダは標準の範囲を越えてそれぞれ固有の拡張機能を提供しているため、データ操作言語はデータベースベンダ間で言語と機能において多くの相違点をもつ傾向がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る