I/O の DMAコントローラに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DMAコントローラ

読み方、または別称:でぃーえむえーこんとろーら

DMAコントローラとは、プログラムされた機械語の命令群の実行で、アキュムレータなどを介する方法以外に、メモリメモリメモリI/Oデバイス間で直接データを転送するものである。
現代での重要性は、CPUの転送速度の枷を外したところである。この技術が発生する前までは、CPUデータ転送の間になくてはならず、その間他の作業をすることは不可能であった。
また、外部入出力の転送速度がRAMより遅かったことも原因となっている。しかしDAMは、CPUの転送時間を有意にタスクへ割くことで、これは組み込み向けプロセッサでも同様の効果があった。
DMAの転送は、CPUで行われるわけではなく、マザーボードチップセットに内蔵されたDMAコントローラに、転送開始の時間を指示することで転送命令を実行することができる。現代のバスにはさらに優れた設計思想が組み込まれており、I/O機器側がPCIバスの制御を任され、DMA転送をすべて司っている。
DMAの利点は、ネットワークのパケット送信や音楽再生、ビデオ配信などをデータ通信のためにリソースを割かずに行うことである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る