HTML の DHTMLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DHTML

読み方、または別称:でぃーえいちてぃーえむえる

DHTML( Dynamic HTML)、ダイナミックHTMLは、静的な HTML の内容を CSS と JavaScript 等の言語を用いて動的に変換するウェブ技術を指す抽象的な概念である。
以前は、ウェブブラウザごとに別々のJavaScriptを書く必要があったが、この不便な状況を打開するために、1998年10月にW3Cはクライアントサイドスクリプト言語HTMLドキュメントのクッション役を果たすDocument Object Model(DOM)を勧告した。
このW3Cの勧告により、Internet Explorer6や、Netscape7.1、Mozilla Firefox、OperaなどDOMをサポートする新型のブラウザであれば、ブラウザの種類を問わず一つの記述で HTMLドキュメントを参照し、かつ制御できるようになった。
なお、ダイナミックHTMLはフォームの処理など、比較的小規模なプログラムに向いた仕様であり、大規模な音つきのアニメーションはブラウザのAdobe Flashプラグインを用いる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る