ネットワーク管理 の DHCPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DHCP

読み方、または別称:でぃーえいちしーぴー

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)とは、インターネットなどのネットワークに一時的に接続するコンピュータが起動したとき、IPアドレスなどのネットワーク情報を自動的に割り振るためのプロトコルであり、これによりネットワークの設定を手動で行わなくても、ユーザは簡単にインターネットや他のコンピュータに接続できる。
DHCPはBOOTP( Bootstrap Protocol )をベースとしたプロトコルであるが、BOOTPが使用できるIPアドレスを通知するだけであったのに対して、DHCPではデフォルトゲートウェイやDNSサーバアドレス等をホストに自動設定することができ、IPアドレスを割り当てる範囲とIPアドレスを割り当てる期間を定義することができる。
ネットワーク情報を提供する機能を持ったコンピュータやネットワーク機器をDHCPサーバといい、コンピュータに割り当てることができるIPアドレスの範囲や、ネットワークに接続するために必要な情報が設定されており、ネットワーク内のコンピュータには、これらの情報が提供される。
企業のネットワーク環境の場合、サーバが社内のネットワーク管理を行うと共に、DHCPサーバとして機能していることが多く、一般家庭のインターネット環境の場合は、ルータなどにDHCPサーバ機能が内蔵されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る