セキュリティ の DEPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DEP

読み方、または別称:でっぷ

DEP(Data Execution Prevention)とは、データ実行防止のことで、現代のMicrosoft Windowsオペレーティングシステムに含まれているセキリュティ機能である。機能の目的は、アプリケーションやサービスが実行不可能なメモリ領域からコードを実行することで防止する。
2つの動作モードがあり、メモリページを実行不可能とマークできるCPUハードウェアと、ハードウェアポートがないCPUのためのソフトウェアである。後者の防御は限られており、ソフトウェアDEPはコードがデータページから実行されることを防がない。しかし、代わりに他の攻撃を防止することができる。
導入はWindows XP Service Pack 2。Windows XP Tablet PC Edition 2005、Windows Server 2003 Service Pack 1以降、Windows Vista、Windows Server 2008およびそれ以降のバージョンに含まれている。
DEPには、ハードウェアとソフトウェアの2つのモードがある。ハードウェアDEPは、互換性のあるCPU上でNXビットを有効にする。一方ソフトウェアDEPは、NXビットとは関係ないが、マイクロソフトが“安全な構造化の例外処理(SafeSEH)」と呼んでいる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る