実行環境 の DDEに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DDE

読み方、または別称:でぃーでぃーいー

DDE(Dynamic Data Exchange)は、動的データ交換のことで、WindowsやOS/2で、複数のアプリケーションソフトウェアの間で通信を行なう技術である。
DDEは1987年のWindows 2.0がリリースされた時点で発表された技術であり、現在のWindowsでもサポートされてはいるが、OLEやCOMやOLE Automationにとって代わられている。
DDE を使うためには、サーバがサポートしているDDEコマンドが理解されていなければならないが、一般にはコマンドは標準化されていない。したがって、制御したいサーバアプリケーションに専用のコードを追加するか、スクリプト言語マクロ機能にクライアントアプリケーションがなければ、DDEを使うことはできない。
なお、DDEの一般的な用途としては、市販のソフトウェアの制御を行なうためのカスタムアプリケーションがある。すなわち、Microsoft ExcelとDDE対話をする際にDDEコマンドを送り、スプレッドシートを開いてデータを追加するカスタムアプリケーションが、C言語やその他のプログラミング言語で開発されるというようなことができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る