音声/音楽 の DATに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

DAT

読み方、または別称:だっと

DAT(ディー・エー・ティー、ダット)は英語のDigital Audio Tapeの略で、音声をリニアまたは非リニアPCM方式でデジタル化して磁気テープに記録する規格とそのためのテープのことである。
DATはもともとは、デジタル音声テープ (digital audio tape) を指す言葉であり、オーディオCDのDAD (digital audio disc) などに対比される用語だったが、現在ではデジタル音声テープの規格の1つを指すことが一般的である。
なお、一般向けに商品化されたデジタル音声テープには、1987年(昭和62年)のDAT規格、1992年(平成4年)のデジタルマイクロカセット (NT)、1992年(平成4年)のデジタルコンパクトカセット (DCC)がある。さらに、1989年(平成10年)には、スモールコンピュータのバックアップ用として、DDS が規格化されるたが、テープカートリッジの外形は同じである。
なお、DATは記録方式にヘリカルスキャンヘッド(回転式ヘッド)を採用していて、カートリッジのサイズは、縦54 mm×横73 mm×厚さ10.5 mmで、DATテープは、幅が3.8 mm、長さは 15分から180分の時間として表示され、120分テープの場合の実長は 60メートルである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る