ハードディスク の D2Dに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

D2D

読み方、または別称:でぃーつーでぃー、ディーツーディー、Disk to Disk、ディスクツーディスク

ディスク(HDD)上のデータをディスク(HDD)へバックアップする手法。
従来、ディスク全体をバックアップするにはテープが広く使われていたが、ディスクの低価格化および大容量化に伴い、D2Dによるバックアップの事例やソリューションなどが増えてきている。D2Dの事例が増えている要因としては、テープドライブが不要であること、バックアップが手軽に行なえることなどもある。
ただし、バックアップデータの喪失リスクを勘案し、テープへのバックアップが併用されることもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る