I/O の D-Subに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

D-Sub

読み方、または別称:でぃーさぶ

D-Sub(通称:ディー・サブ、正式名D-Subminiature:ディー・サブミニアチュア)とは、電気通信に使う広く普及しているコネクタの規格の一種で、主にコンピュータと周辺機器を接続するのに使用される。
D-subコネクタは2 - 3列に並んだピンコンタクト、またはソケットコンタクトが、アルファベットのDの字に似た形状の金属シールドに囲まれていることから、このような名前で呼ばれるようになったといわれている。
ピンのついているコネクタをオス、ピンを差し込む穴が並んでいるコネクタをメスといい、シリアルポートパラレルポートディスプレイポートコネクタとして使われている。
D-Subは、平たい台形状の断面にピンが2段に並んだ形状をしており、ピンの数によって9ピン、15ピン、25ピン、50ピンなどの種類があり、形状およびピン数によって分類される。
例えば「DA15」の場合1文字目の「D」はDサブコネクタを表し、2文字目の「A」はシェルサイズ (A=15 pin, B=25 pin, C=37 pin, D=50 pin, E=9 pin)を表し、続く数字がピン数を表すため、シェルサイズA(15ピンコネクタのサイズ)の15ピンコネクタとなる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る