情報科学 の Clangに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Clang

読み方、または別称:くらんぐ

Clangは、C、Objective-Cなどのプログラミング言語向けコンパイラフロントエンドである。アップルの資金提供により只今開発中であるが、完成するとGNUコンパイラコレクションを超えるものになる。
ClangはC言語を対象として作られたコンパイラであり、LLVMとの組み合わせによりGCCスタックを置き換えることができる。GCCスタックは他のツールと一緒に使うことが難しいツールであり、IDEなどにおいてGCCスタックを使用するためには、コードのインデックス化のための他のツールが必要になる。また、GCCは、マルチスレッドをサポートしておらず、マルチプロッセッサの恩恵を受けることができない。
ClangはGCCと比較して多くの情報を取得することができ、同じ形で保存することができる。他にもエラー報告がGCCと比較して具体的でIDEなどで使用しやすいプログラムとして表示される。コンパイラを動かしながらの文法チェックなども可能である。ClangはGCCと異なりマルチスタックに対応しており、コンパイルの速度は開発途中ながらも2007年の段階でGCCの2倍以上の速度でコンパイルすることが可能となっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る