情報科学 の Cdbに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

Cdb

読み方、または別称:しーでぃーびー

cdb(constant database)とは、単純なデータベースの作成と高速な問い合わせのソフトウェアである。また同時に、cdbで扱えるファイル形式の名称でもあり、ダニエル・バーンスタイン(djb)が開発している。4GBまでのハッシュ化データベースを扱うことができ、データベースはテキストファイルから作成することが可能である。
ただしいったん作成したデータベースを削除したり追加したりの更新はできず、更新を要する場合はデータベースを新規で作り直さなければいけない。一方、更新の機能を含んだ一般データベースと比較すると、cdbでの問い合わせやデータベースの新規作成は高速になる。
さらには、高速で機能追加がなされたcdb互換ライブラリの“TinyCDB”がMichael Tokarevによってリリースされている。cdbデータベースはデータセット全体を単一のファイルに格納しており、ファイルは先頭から順に“固定長ヘッダ”“データ”“ハッシュテーブルの集合”の3部構成となっている。
キーの完全一致によるルックアップのみが行える設計で、他の方法でデータ検索した場合は、全体をスキャンしなければいけなくなる。また同キーで複数のデータを登録している場合は、空のスロットに出会えるまでは検索を続ける。そうすることで、すべてのデータを取り出すことが可能となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る