情報科学 の CYBERNETに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CYBERNET

読み方、または別称:さいばーねっと

CYBERNETとは、米国CDC社(コントロール・データ・コーポレーション)が登録商標しているコンピュータ遠隔利用サービスのこと。米国CDC社では1970年代から1990年にかけて世界規模でサービスを推進している。「CYBERNET」とは、Cyberneticsの「CYBER」とTelephone Network「NET」を合わせて作られた言葉で、CDC社のCyberマシンを電話網によって利用することから産まれた。
米国CDC社は、スーパーコンピュータの先駆者として製造と販売を行っていた企業で、クレイ・コンピュータの製造で有名なクレイ・インコーポレイテッドはCDC社から分裂した企業である。
当時、コンピュータが高額であったために、コンピュータを所有できるのは大企業や大きな組織しかなく、そのため、コンピュータの時間で貸し出しする計算センターが多くあった。そうして計算センターの多くが仕事を持ち込んでバッチ処理を行っていたのに対して、CDC社のCYBERNETでは、CDC社のスーパーコンピュータに音響カプラと電話回線を利用して、自社の端末機器から利用を可能にするサービスを提供していた。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る