権利保護 の CPRMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CPRM

読み方、または別称:しーぴーあーるえむ

CPRM (Content Protection for Recordable Media)(しーぴーあーるエム)は、コピーワンスという形式で著作権保護対策が施された番組などを録画する際に採用されているコピープロテクトである。
CPRM対応の番組を録画、視聴するにはCPRMに対応した各種メディアや機器、およびライティングソフトが必要となるが、このコピー制御はDVDなどの高額ディスクだけでなく、SDカードや携帯電話などの記憶媒体にも用いられている。
CPRMの仕組み は、固有のメディアIDと呼ばれるデータをディスク内特定の部分に書き込み、これによって市販されているライティング機器では複製が出来ないようにしている。さらに映像データを暗号化して記録しているため、パソコンデータコピーできてもメディアIDを書き換えられないので映像を見ることは出来ない。
CPRM対応のAV機器は最近では増えてはいるが、日本独自の規格のため、海外メーカー製DVDプレーヤーなどではCPRMに非対応の製品が多かったが、2011年(平成23年)現在ではこの問題は解決されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る