権利保護 の CPPMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CPPM

読み方、または別称:しーぴーぴーえむ

CPPM(Content Protection for Prerecorded Media)とは、コピーガードの一種で、デジタル映像信号に含まれる。再生専用メディアコピープロテクトする方式で、原理的にはCPRMと同じになる。主にDVDオーディオメディアに採用されており、日本では同品質の複製は“コピー不可”となる。
現代の映像メディアには、CPRMやCPPMに比べ、より一層解除困難にしたAACSなどの新しいコピーガードが採用されている。コピーガードには、「アナログ映像信号」と「デジタル映像信号」があり、CPPMは前途の通りデジタル映像信号になる。
CPPM以外にも、DTCPCSS、AACSなど多くの方式が存在する。近年多く採用されているAACS(Advanced Access Content System)は、主にHD DVDやBlue-ray Discで採用されている。強固なコピープロテクトを実装しているため、これまでのプロテクトのように、容易には解除されない。
しかし、なかにはAACSを解除するソフトが存在するのは否めない。日本国内では、こういった解除は、違法行為となる。CPPMやAACSを含め、これらはすべてコピーガードになり、映像メディアや音楽メディアパソコンソフトなどさまざまなメディアで使われている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る