ネット広告 の CPMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CPM

読み方、または別称:しーぴーえむ

CPM(Cost per Mille)とは、インターネット上での広告掲載料金の費用対効果を示すために用いられる代表的な指標。掲載回数1000回(1000インプレッション)あたりの料金。インプレッション単価の課金制の場合は、広告が1000回表示されるごとに課金される。
また、CPM課金という言葉は、広告の表示回数によって料金が生じるという意味である。最近ではCPM単位での料金システムは大手webサイトが中心で、一般的な中小サイトではクリック回数での課金 (CPC) や成果報酬型の課金システムが多い。
広告掲載料金をインプレッション数で割って1000をかけるとCPMを算出することが出来る。また、インプレッション数とは無関係であるクリック回数で料金が決まる広告でも、CPMを算出することが出来る。クリック率が高そうなものはCPCで買うよりもCPMで買った方が得になり、逆にクリック率が低そうだと予想できるものはCPMで買うよりも、CPCで買った方が割安となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る