言語 の COBOLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

COBOL

読み方、または別称:こぼる

COBOL(Common Business Oriented Language)とは、1959年に米国のCODASYLというプログラミング言語を開発することを目的としたIT業界の団体によって開発されたプログラミング言語である。事務処理に向いている言語であり、企業のコンピュータシステムにおける事務処理システム用言語として普及し、会計処理や事務処理などに使用されている。
構成が自然な英語の文章に近く、FORTRANと並ぶ高水準言語のひとつである。他の初期の言語とは異なり、誕生から半世紀経った今でも主流の言語として用いられている。
国際的な標準化はFORTRANの次に行われた。COBOLの開発は米国政府を中心として行われ、それ以降の米国政府の事務処理システムは全てCOBOLによって製作された。現在でも事務処理用のホストコンピュータではCOBOLのプログラムが中心となっている。また、銀行のキャッシュディスペンサーにもCOBOLが利用されており、各銀行間のデータをやり取りしている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る