基盤技術 の CMOSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CMOS

読み方、または別称:しーもす

CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)とは、MOSトランジスタの組み合わせで作られた半導体回路の一種である。読みは「シーモス」。電子が多い n型のMOSトランジスタと正孔が多いp型のMOSトランジスタの両方のMOSを補い合うようして接続してある。相補型金属酸化膜半導体とも呼ばれる。
CMOS回路を使用している部品は、MOSトランジスタの回路をn型のMOSトランジスタだけやp型のMOSトランジスタだけで設計するよりも消費電力が少ない。消費電力が少ないために小型化や高集積化に向いており、デジタルカメラや携帯電話といった小型の機器によく使用されており、メモリCPUにも用いられる。
デジタルカメラでは、CMOSイメージセンサーという撮像素子として用いられている。CCDセンサーの約1/10の電力で動く。CCDセンサーよりも感度は劣るが、最近では改良が進められ素早い進化を遂げている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る