システム開発 の CMMに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CMM

読み方、または別称:しーえむえむ

CMM(シーエムエム)とは、Color Management ModuleあるいはColor Management Methodの略で、OSや画像処理ソフトの持つ色管理システムに組み込む色変換エンジンのことである。
ディスプレイやプリンタ、イメージスキャナなど画像を扱う入出力機器は、機器の種類や機種によって異なる発色特性を持ち、再現できる色領域も異なる。そのため、画像データをそのままプリンタで印刷したとき、ディスプレイで見た色と異なる色で印刷されてしまうということが起こる。
CMMはカラースペース間で翻訳機の様な役割をするコンポーネントで、あるデバイスのカラースペースから別のスペースに得られたカラーのセットを、数学的に変換するためにプロファイル内のカラー情報を使用し、機器間の色の違いに応じて入出力時に色を変換して、再現性を高めてくれる。
通常、色管理システムはデフォルトで利用できるCMMを内蔵しているが、別途サードパーティ製のCMMを組み込んで利用したり、追加のCMMをサポートしている場合もある。
例えば、Mac OS用のCMSであるApple ColorSync 3.0は、デフォルトでハイデルベルクのCMMを利用しているが、コダックのKCMSやアグファのFotoTuneといったCMSもサポートしている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る