トランザクション処理 の CICSに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CICS

読み方、または別称:しーあいしーえす

CICS(シーアイシーエス、またはキックス)とは、Customer Information Control Systemの略で、IBM社によって開発・販売されている、z/OS などの下で稼動する、オンライン系・バッチ系両方に向けてデザインされたトランザクション処理を管理するソフトウェア(TPモニタ)である。
CICSは、もともとはガス会社が「顧客管理」のために作ったオンラインコントロールプログラムであったが、IBMが1969年にメインフレーム向けに最初のバージョンを出荷。現在も企業の基幹業務のトランザクション管理に広く利用されている。
メッセージの処理やそれに伴うプログラム処理など、ある動作について決められているいくつかの処理を「トランザクション」としてまとめて1つの処理単位として、そしてそのトランザクションを監視し、「すべて成功」か「すべて失敗」のいずれかになるよう管理するソフトをTPモニタという。
CICSはTPモニタとして草分け的なソフトウェアであり、CICSの普及により、バッチ処理から、オンラインのトランザクション処理が主流となった。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る