マークアップ言語 の CHTMLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CHTML

読み方、または別称:こんぱくとえいちてぃーえむえる

CHTMLとは、Compact HTML(こんぱくとえいちてぃーえむえる、cHTML)のことで、携帯電話やPHSなどでウェブページを表示できるようにする、ウェブページ作成の際に使用するマークアップ言語である。HTMLに似ており、CHTMLは略語になる。コンパクトHTMLやiモード対応HTML(iHTML)と呼ぶこともある。
文法は基本的にHTML3.2とそれ以前のサブセットで、フルセットブラウザ(フルブラウザ)と下位互換性がある。狭いディスプレイでも表示可能となり、表示不可な要素は省かれている。また、データ転送量を削減するために、タグの表記も短い文字列になっているのが特徴である。
文字コードは、Shift JISのみ。半角カナ画像データGIF形式が利用できる。しかし、最近ではJPEGの画像データも利用できるようになっている。端末によっては、PNG画像も使用・表示可能である。iモード対応HTMLといわれているだけあり、NTTドコモのiモードにもほぼ同じ言語が採用されてる。
iモード対応HTMLの場合、電話番号へのリンクを埋め込む機能などが追加されており、WAP2.0の規格制定にあたっては、コンテンツ記述言語として、WML、XHTML Mobile Profile、cHTMLの3つが併記されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る