情報科学 の CHILLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CHILL

読み方、または別称:ちる

CHILL(チル、CCITT HIgh Level Language)とは、変換機の制御プログラムの記述に用いられているModula-2ファミリの言語のことで、多重処理の記述に適しているプロセスの生成や同期通信などの並列処理機能を持っている高水準プログラミング言語である。
並列機能に加え、周期処理や時間依存処理のような実時間制御機能をサポートしており、初の仕様書は1980年に出版されている。国際規格ではITU-T Rec. Z.200およびISO/IEC 9496:2003。日本では、保守作業のみに使われ、2006年10月にJIS制定が見送られている。
前途の通りModula-2ファミリの言語であるが、このModula-2(モジュラ・ツー)とは、同じくコンピュータプログラミング言語の一種である。汎用手続き型言語で、構文の多くはPascal言語に基づいたものとなっている。名前は、「モジュールの」を意味し、英語の「modular」に由来している。
Pascalとの上位互換になっていないためPascalは含まれていないが、Pascalにモジュールの概念を追加し、ソフトウェアなどの部品のライブラリ化で再利用することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る