メモリカード の CFカードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CFカード

読み方、または別称:しーえふかーど

CFカード(CompactFlash)とは、SanDisk社が提唱しているメモリカードの規格。コンパクトフラッシュ(CompactFlash, CF)は、電気が通っていなくても、記憶が消えないフラッシュメモリである。CFカードは、そのメモリと、外部との入出力を受け持つコントローラ回路を1枚のカードにまとめた構造になっている。
コンパクトフラッシュは1994年にアメリカのサンディスクによって開発されたもので、「コンパクトフラッシュ」という名称はサンディスクの商標になっている。そのため他のメーカーは「CFカード」や「CF」といった名称を用いている。
CFカードの外部入出力は標準化されたIDEの正式な規格であるATA規格に準拠しており、接続したときパソコンからは通常のハードディスクと同じように見える。また、コンパクトフラッシュの外部端子の構造はPCカードに準拠しているため、専用のアダプタを介してノートパソコンに接続することができる。
CompactFlashは外部との入出力をカード側が行うため、周辺機器との互換性を保ったままCompactFlashサイズの周辺機器を作成することもできる。そのため、デジタルカメラやPDAなどの記憶装置として使われている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る