システム開発 の β版に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

β版

読み方、または別称:べーたばん

β版(ベータばん)とは、ソフトウェアにおいて、正式版をリリースする前のサンプル製品のことを指す。βバージョンや試用版(しようばん)と呼ぶこともあり、俗語的に人柱版(ひとばしらばん)と呼ぶ場合もある。
β版の主な特徴は、多くのユーザーに無料で試用し、ソフトウェアの使い心地やデザイン、性能などを体験してもらうためのものである。
また、それらの意見を汲み上げ、ソフトウェア開発に活かしたり、不具合を修正するなどし、正式版をより良いものに仕上げることを目的としている。β版には、クローズドベータとオープンベータの大きく2種類に分けられる。
前者は、開発者の知り合いや前バージョンのユーザー、公募でユーザー数を限定し試用してもらうことを意味する。後者は、一般向けに公開しているβ版である。パブリックベータともいい、クローズドベータで大まかにバグを修正した後、オープンベータに移行することが一般的な流れとなっている。その為、どちらかと言うとクローズドベータのほうがバグが多いと言える。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る