情報科学 の CASLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CASL

読み方、または別称:きゃする

CASL(キャスル)とは、アセンブリ言語のひとつで、情報処理技術者試験におけるプログラミング能力試験のために仕様策定された。プログラミング能力試験という試験がある基本情報技術者試験には、いくつかのプログラミング言語別に分かれている。
受験者はもっとも得意とする試験を選択でき、特定の言語プログラマが有利になることを防いでいる。この試験で使用するアセンブリ言語として開発されたCASLは、当初はCAP-XおよびCOMP-Xが用いられていたが、マイクロプロセッサの登場と普及、主流アーキテクスチャの変化に伴い、それに応じた新しいアセンブリ言語および仮想計算機として定義された。
ちなみに、アセンブリ言語は、ハードウェアアーキテクチャとの関連性が強く、特定の実在するアーキテクチャを試験に採用した場合、利用する受験者に有利になってしまう恐れがある。その為、実在するどのアーキテクチャとも関連性がない仮想計算機と、そのアセンブリ言語の仕様を一から策定し、問題を解決した。
この計算機を、COMETと呼ぶ。そして、アセンブリ言語の仕様は、CASLと名付けられた。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る