情報科学 の CAP定理に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

CAP定理

読み方、または別称:しーえーぴーていり

CAP定理とは、分散コンピュータシステムのマシン間の情報複製に関する定理のことで、ブリュワーの定理とも呼ばれている。ノード間のデータ複製に関しては、「一貫性(Consistency)」「可用性(Availability)」「分断耐性(Partition-tolerance)」の3つの保証を提供することは不可能である。
一貫性は、すべてのノードにおいて同時に同じデータが見えなければならい。可用性においては、ノード障害によって生存ノードの機能性は損なわれない。分断耐性は、システムは任意の通信障害などによるメッセージを損失した場合、継続して動作を行う。
その際、通信可能なサーバーが複数のグループに分断されるケースを意味する。この時、1つのハブにすべてのサーバーが繋がっている場合は、分断耐性は発生しない。しかし、単一障害点のあるネットワーク設計では、可用性が成立しないため、分断耐性が発生する。
これらの分散システムは、同時に2つの保証を満たすことは可能だが、同時に3つすべてを満たすことは不可能になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る